2012年9月22日 のアーカイブ

パンク修理

2012年9月22日 土曜日

で持ち込まれた自転車でここ数年こう言う症状が数多く見られます。空気が無くなってリムからタイヤが外れチューブが飛び出し巻き込んでます。まあ、最悪タイヤ・チューブの交換ですね。考えられる原因としては{1}タイヤの品質の問題です。タイヤが柔らかすぎたり、薄すぎるとリムからタイヤサイド(ビード部)が外れ易く回転するうちにこの状態になります。またタイヤとチューブの内部摩擦でチューブが片寄りし同症状にもなる可能性もあります。{2}パンク後の取り扱いでも起こります。我々プロの常識としてパンクしたら乗るな・押すなとよく言います。これは1の状態で転がすと一層起こりやすいものです。特に完全に空気が抜けたら厳禁です。以上考慮し対策をアドバイスしますと、{A}タイヤの品質(自転車)・{B}空気の管理(点検)・{C}乗り方(購入時の説明等)・{D}パンク発生後の処置(アフター、フォロー)。以上4点をユーザーの皆様よ~くお考えになって自転車をお求め下さい。参考までにパンク防止の最善策は空気の管理ですよ!(^^)!   部長IMGP1678