防犯登録
みなさんの自転車は「防犯登録」されていますか?
防犯登録は条例により義務付けられています
防犯登録は購入した店舗で取り扱っています。
防犯登録された自転車とされていない自転車…どこが違うの??


盗難にあってしまった。!
防犯登録なしの自転車 防犯登録ありの自転車
警察に盗難届を出す。
いろいろ聞かれる。
防犯登録番号は?車体番号は?メーカーは?サイズは?色は?
思い出せるだけ思い出す。でも防犯登録してないし、車体番号なんかも覚えていない 防犯登録の控えを警察の方に見せる。もし手元に防犯登録の控えが無くても販売店は保管しているはずです。
控えには防犯登録番号や車体番号、メーカーや色なども記載されている。
探す手がかりは、自分が覚えていた色とかメーカーとかサイズとか。 探す手がかりは十分。
自分で探す 警察に盗難車としての登録がなされる。
盗難車は放置されていることがほとんど。
誰かが見かけても、誰の自転車だか分らない。警察官が見かけても、誰が持ち主なのかわからない。 もちろん自分でも探すけど、見回り中の警察官の方や、放置されている近所の方からの通報により、持ち主を特定。
または、撤去された自転車も防犯登録番号を調べることで持ち主を特定。
自分で探す
運が良ければ見つけることが出来るかも。
ただし、自分の自転車であることを証明するのは非常に困難です。
自転車は持ち主のもとへ。

ハッキリ言います。防犯登録がされていない自転車は自分で見つける以外、出てきません。
防犯登録がされていれば、警察のデータベースに情報があるため、自身による発見以外に、警察官による発見、付近の住民の方による通報、行政による放置自転車の撤去時と、チェックできる回数が大幅に増えます。

自転車を購入の際には防犯登録もお願いします。
Copyright(C) 2009 じてんしゃネットくまもと. All Rights Reserved.